# 概要

# SkyWayとは

SkyWayは、Webでリアルタイムコミュニケーションを実現する標準技術、WebRTC(Web Real Time Communication)を、かんたんにアプリに導入できるSDK&APIです。

# SkyWayの価値

  1. WebRTCに必要な4つのサーバをAPI経由で利用可能です。自前でサーバを構築・運用する必要はありません。

    • シグナリングサーバ
    • STUNサーバ
    • TURNサーバ
    • SFUサーバ
  2. マルチプラットフォームなSDKを導入することで、すばやくアプリを完成させることができます。また、ブラウザやスマホOSのアップデートを気にする必要がありません。

# 4つのサーバ

# 1.シグナリングサーバ

通信を開始する前に、IPアドレスやコーデック等、通信に必要な情報を通信相手と交換するためのサーバです。

SkyWayのシグナリングサーバは、多人数通話のためのルーム管理機能を備えます。

# 2.STUNサーバ

STUN(Session Traversal Utilities for NAT)サーバは、NATが存在する環境でP2P通信を行う際に必要な、グローバルIP及びポート番号を取得できます。

# 3.TURNサーバ

TURN(Traversal Using Relays around NAT)サーバは、データを中継することで、企業ネットワークなどP2P通信が利用できない特定のネットワーク環境でのWebRTC利用を可能にします。

  • Community Edition(無料版)では通信量制限があります。
  • Enterprise Edition(有料版)では通信料金が発生します。

# 4.SFUサーバ

SFU(Selective Forwarding Unit)サーバは、多人数通話や映像配信を実現します。3人以上で通信する際に端末のエンコード負荷と上り帯域幅や通信量を削減できるため、Mesh方式(※)より多人数での通信が可能になります。

  • Community Edition(無料版)では通信量制限があります。
  • Enterprise Edition(有料版)では通信料金が発生します。

※Mesh方式:P2P通信を複数同時に利用したフルメッシュ接続という方式で多人数通話を実現します。