マイグレーション

新SDKヘの移行について

トライアル提供していた旧SkyWayは2018年3月に提供を終了します。 2017年9月6日以前にSkyWayに登録された方は、Community Editionへの新規登録と、新SDKへの移行をお願いします。 (参考: 新旧SkyWayの機能比較
EPSON MOVERIO向けアプリを開発される方へ

1. Community Edition新規登録

Community Editionヘの新規登録をお願いします。
Community Editionは無料でご利用いただけます。詳細は料金ページをご確認ください。
Enterprise Editionに申し込みいただく場合も、以下の手順は同じです。

無料で新規登録

2. APIキー発行

旧SkyWayのAPIキーは、新SDKで利用できません。
以下の手順を参考にして、ダッシュボードで新しいAPIキーを発行してください。

3. SDKの差し替え

新しいSDKに差し替えてください。ダウンロード先は以下の通りです。

4. APIキーの差し替えとプログラムの修正

以下の手順を参考にして、APIキーを先ほど発行した新しいものに書き換えてください。

SDKの仕様が一部変更になったので、以下のドキュメントを参考にして、プログラムを修正してください。
リンク先にも書かれていますが、旧SDKと新SDKの間で相互接続はできません。ご注意ください。

新旧SDKの機能差分

EPSON MOVERIO向けアプリを開発される方へ

新しいSDKは、BT-300/350のみに対応しています。 以前、MOVERIO用に配布していた専用SDKは不要です。

Community EditionからEnterprise Editionへの切り替えについて

1. Enterprise Editionへの申し込み

新規登録ページよりEnterprise Editionへの申し込みをお願いします。

Enterprise Edition申し込み

2. Community EditionからEnterprise EditionへのAPIキー移行

Enterprise Editionのダッシュボードより、
Community EditionからEnterprise EditionへAPIキーを移行できます。

Enterprise Editionへの移行タイミングについて

Community Editionのダッシュボードにて月間利用量を確認できます。
利用量がCommunity Editionの利用制限に近い方は、Enterprise Editionへの申し込みをご検討ください。
Enterprise Editionの申し込みからアカウント作成まで1週間程度かかる場合があります。
アカウント作成によって費用は発生しません。