リアルタイムコミュニケーションイノベーション挑戦しよう

SkyWayは、アプリやWebサイト、IoTデバイスにビデオ通話を追加できるプラットフォームです

最新のお知らせ

SkyWayとは

ビデオ会議やコンタクトセンター、遠隔作業支援、オンライン教育、ライブ配信など、さまざまな機会において、オンラインでのリアルタイムコミュニケーションのニーズが高まっています。 ビデオ・音声通話、データ通信といったリアルタイムコミュニケーションの標準技術である「WebRTC」が登場し、リアルタイムコミュニケーションがより実現しやすくなってきました。

SkyWayを利用すれば、WebRTCに必要なサーバを構築・運用することなく、手軽にビデオ・音声通話、データ通信を利用できます。 自社サービスの開発・提供に専念して、イノベーションに集中することができます。

アプリ開発集中

WebRTCに必要なサーバの構築・運用が不要だから、アプリの開発・提供に専念できる

マルチプラットフォーム

4つのSDKで、Webブラウザ、iOS、Android、IoTデバイスをカバーできる

無料ですぐに試せる

無料のCommunity Editionで今すぐ開発を始め、小規模サービスを作れる

サポートSLA安心

Enterprise Editionで商用サービスや大規模サービスを安心して開発・運用できる

料金

Community Editionは一切、料金がかかりません。 Enterprise Editionは商用サービスや大規模サービスに安心してご利用いただけます。

Community Edition Enterprise Edition
基本料金 ¥0 初期¥0+月額¥100,000
接続回数(シグナリング) ¥0
回数の上限あり
¥0
1,000,001回以上は別途
サーバ通信料 ¥0
転送量の上限あり
¥40/GB
サポート FAQ、開発者コミュニティ Webフォーム
SLA なし 稼働率99.99%保証

詳細は料金をご覧ください。SLAの詳細はサービス説明書をご覧ください。

デモ

SkyWay Conference
SkyWay Conference

インストールなし、会員登録なし、ログインなしで利用できる、多人数通話に対応したWeb会議です。 ブラウザでURLにアクセスするだけで参加できます。 画面共有にも対応しています。

SkyWay Conferenceを開く

事例紹介

Card image cap

Web会議

アプリやプラグインのインストールが不要なので、従来のサービスより手軽に利用できます。
会員登録やログインが不要で、URLを共有するだけで参加できるサービスも登場しました。 資料や画面を共有することも可能です。

事例を見る

Card image cap

サポート

電話をかけたり、別アプリに切り替えたりせずに通話できるので、アプリやWebサイト内でサポートが完結します。
ログイン情報を引き継げるので、本人確認の手間も不要です。 資料や画面を共有したり、カメラを使って状況を確認することも可能です。

事例を見る

Card image cap

遠隔医療

WebRTCは、遠隔診療やヘルスケア相談にも活用されています。
日本では、厚労省が2015年に遠隔診療を実質解禁したことがきっかけとなり、市場が成長しています。

事例を見る

Card image cap

IoT

WebRTCは組み込み機器やIoTデバイスでも利用可能です。 コミュニケーションデバイスやデジタルサイネージなどでも活用されています。

事例を見る

その他の事例はこちら